子育てするなら「ひだかむら」住んでいただいている方々が「住んでよかった」「ずっと住み続けたい」、村外の方からは「住んでみたい村」「子育てするなら日高村」と言ってもらえるように、いろいろな助成や支援を行っていきたいと考えている村です。

日高村観光情報

日高村移住者の声

子育てするなら「ひだかむら」住んでいただいている方々が「住んでよかった」「ずっと住み続けたい」、村外の方からは「住んでみたい村」「子育てするなら日高村」と言ってもらえるように、いろいろな助成や支援を行っていきたいと考えている村です。

対象年齢

申請日において不妊治療を受けている夫婦で、そのいずれか一方が日高村に住所を有し、かつ居住していること

日高村不妊治療費等助成事業

不妊検査・不妊治療をうけられているご夫婦に対し、不妊治療費の一部を助成します。
助成を受ける場合は、事前に認定の申請が必要になります。

妊娠中はからだにいろいろな変化が起こりますし、自覚症状がなく順調に見えても、トラブルが隠れていることもあります。
特に気がかりなことがなくても、少なくとも次のような間隔で妊婦健康診査を受けて、胎児の育ち具合や、自身の健康状態(血圧、尿など)をチェックしてもらいましょう。
健診日以外でも、出血や腹痛など「おかしい」と感じたときはすぐに受診しましょう。

(1)妊娠23週(6か月末)まで・・・4週間に1回
(2)妊娠24週~35週(7~9か月末)・・・2週間に1回
(3)妊娠36週(10か月)以後出産まで・・・毎週1回

 

 

 

 

 

 

対象となる費用
一般不妊治療・人工授精 特定不妊治療
不妊検査
一般不妊治療
人工授精
体外受精または顕微授精
助成額
一般不妊治療・人工授精 特定不妊治療
1年ごとに5万円を限度
(通算5年度)
特定不妊治療費に要する費用として対象者が負担すべき額から、高知県からの助成を受けた額から控除した額について、1回につき5万円を上限

※事前に準備して頂くものになります。
  • 夫婦の「住民票」
    住民票で夫婦であることが確認できない場合又は夫婦が別の場所の場合は「戸籍謄本(法律上の夫婦であることが確認できるもの)」も必要です。
  • 当該不妊治療に係る医療機関の発行する領収書(原本)
  • 加入医療保険の写し(夫婦)
  • 夫婦の「所得・課税証明書」(児童手当用のもの又は、控除内容がわかるもの)
  • 認印
※こちらで準備しております。
  • 日高村不妊治療費等助成金交付申請書兼申請書(第1号様式)
  • 日高村不妊治療費等助成事業医療機関等証明書(第2号様式:医療機関等が発行します。)

請関係書類等が揃い次第、審査に移ります。その後、審査が通りますと交付決定になります。

交付決定日より、1〜2ヶ月内に指定口座にお振込させて頂きます。

お問い合わせ機関

  • 管轄機関日高村健康福祉課 保健センター
  • 所在地〒 781-2152
    高知県高岡郡日高村沖名23番地
  • FAX0889-24-7372
  • 対応内容

    村民の健康保持及び増進と、健康診査、健康教育、健康相談、保健指導など各種サービスの拠点づくりのため、日高村保健センター

0889-24-5001

子育てするなら「ひだかむら」住んでいただいている方々が「住んでよかった」「ずっと住み続けたい」、村外の方からは「住んでみたい村」「子育てするなら日高村」と言ってもらえるように、いろいろな助成や支援を行っていきたいと考えている村です。

〒781-2194
高知県高岡郡日高村本郷61-1
日高村役場 産業環境課 移住促進プロジェクト
TEL:0889-24-4647